筋膜に働きかけて心とカラダの声に寄り添います。

セラピストの紹介

  • HOME »
  • セラピストの紹介

syoukai

 

fana_logo

kotsugi-edit-4

ファナチュール代表
 Kotsugi MAKI

一般社団法人 東日本療術師協会認定
花線_下
療術師
心理療術師
薬餌療術師
マインド・ボディ・セラピスト
レイキ・ヒーラー

nintei
筋膜療法、頭蓋仙骨療法、キネシオロジー、アプライドフィジオロジー、
PNF整体、オステオパシー、内臓オステオパシー、エルダリーケア、気功 etc.

フリーアナウンサー
花線_下

広島修道大学心理学卒業後、TBS系列地方局に入社。
2001年以降、フリーアナウンサーへ。

テレビ東京「東証アローズ中継」
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
BS朝日「鉄の馬」ほか
テレビやラジオ、ナレーション、対談番組、
イベントMC、朗読などあらゆる仕事を担当。

現在、チバテレ「ウィークリー千葉県」
J-WAVE「ニュースアナウンサー」
東京アナウンス学院講師、講演、セミナーなども担当しています。
『マイペース!マイリズム!』


 著 書
花線_下
『ゆるゆるネコ体操(求龍堂)』

 uruuru

筋膜リリースが自然にできるストレッチ体操。
猫のポーズを真似しただけなので、
難しいことはいっさいなし。
おうちでのボディバランス調整にお役立てください。

体操のコンセプトをより明確にお伝えするため、デザインが新しくなりました!

    kotsugi_neko newcover1newcover2

 

bar_3

keireki

セラピストとアナウンサーには、共通点があると思っています。それは、インタビューをするところです。アナウンサーがインタビューをするというのはイメージがわくと思いますが、実はセラピストもお客様の体調などを「聞く」ことからはじまります。そして、カラダの声を「聴く」ことも重要です。話すことで、カラダが軽くなることもあるようで、体調面だけでなく心理面での解放も心がけています。

女性の方でしたらどなたでもご利用いただけます。アナウンサーにこだわったセラピーとして、現場に身を置くからこそできるのが「声を使った仕事」に携わる(携わりたい)方のための『Harmonize Voice Therapy(ハーモナイズボイスセラピー)』です。お一人お一人の悩みを現場で再現したり研究したりしています。とことん、セラピスト兼アナウンサーを楽しもうと思っています。

守秘義務がございますので、情報が外部に漏れることはございません。Fa’Natureでご提供しているセラピー内では、アナウンスのアドバイスもお受けしていますので、どんなことでもお気軽にお話しください!
bar_3

keireki_3

不規則な仕事が重なり、寝不足やさまざまなストレスのなか、休みなく喋り続けていたところ、声帯に炎症が起き、どんな薬を使っても炎症がおさまらず、どんどん声が出にくくなった時期があります。30歳半ばにして「あぁ、もう歳なのかなぁ」と年齢のせいにしたこともあります。喋らないことが一番の薬ですが、そうもいきません。治療のため数年間にわたり何箇所にも通院して、ごまかしながら声を出していました。ごまかせばごまかすほど、カラダの筋肉バランスが崩れていきます。心的不安も増します。仕事の時だけでなく、友人とのお喋りにも影響を与えました。喉を守るために、飲み会に行くことも少なくなっていきました。そんなある日、出会ったのが漢方の先生です。炎症をおさえるだけではなく「カラダごと変えていこう」という東洋医学の考え方に惹かれ、もっと自分のカラダのことを知ろうと学校に通うようになりました。そして、あれよあれよと施術の道へ導かれました。

小学生のころ、しょっちゅう捻挫をしては接骨院に通っていました。院内に貼ってある「鍼灸経絡経穴図」(人間の体にツボが書いてあるポスター)を見て、「ツボを覚えて、将来、鍼治療の仕事がしたい!」と親につぶやいたことがあるのです。今の今まで忘れていましたが、鍼灸師の資格は取っていませんが、ツボを学び整体の手技を学ぶことは、幼いころの純粋な夢をほんの少し叶えたことになるのかなと喜びがわいています。

幼い頃から肩こりにも悩まされ、頭痛がすれば薬でおさえ、腰痛にも苦しめられました。アナウンサーであろうとなかろうと、カラダの不調は訪れます。大人になってからも多くの整体院や接骨院、カイロプラクティック、リラクゼーションサロンなどでカラダをほぐしていただきました。もっとこんな風にして欲しい、こういうほぐし方にした方が絶対に気持ちいいと、自分が本当に受けたい施術を探し求めました。

でも、受け身なだけではいつまでたっても誰かのお世話になるしかありません。自らのカラダをもっと知って、もっといたわって、もっとケアしてあげられるようになれば、笑顔も増えるし、さらに活動的になれることに気づきました。ひとりでも多くの方が、自らのカラダや心と向き合い、自分自身をもっと愛していただけるようお手伝いができればと思い、筋膜&ボイスセラピーを立ち上げることに至りました。
bar_3

keireki_4

東洋医学の考え方を学ぶことが、心の動きや体の使い方などを含めて「私」を見つめなおすきっかけになりました。喜びすぎると心が乱れる、悲しみすぎると肺に影響が及び、怒りすぎると肝に響く…など、心身のつながりを認識しました。バランスを取ることの大切さが頭と心とカラダで感じられるようになりました。環境や人間関係、起こることすべてに「私」が投影されていると感じたとき、宇宙で生かされていること、地球で生きているということの奇跡に感謝するようになりました。不思議なことはいっぱいありますが、心と体のつながりにとても敏感になりました。

自分の姿勢や考え方に意識が向くようになると、楽に振る舞うことができます。パソコンを打っているときによく見かける姿勢が、猫背で眉間にシワがより、首は前に倒れ、おなかはボテッと出て、足は開いて・・・。これでは、呼吸も吸いにくいから脳に酸素が届きにくくなり、あちこちに力が入るので肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。ハッと気づいて、スッと姿勢を正す。これを一日のうちに何度か気づいてやってみるのとやらないのとでは、カラダへの負担が全く変わります。

湿布を貼ったり、薬をのんだり、マッサージに通うだけでなく、自らが「気づく」ことをどれだけできるのか、そんなことを一緒に学びたいと思っています。
bar_3

keireki_5

漢方が学びたくて選んだ東京療術学院でしたが、東洋医学をはじめ、生理学、解剖学、病理学などもみっちり学ぶことができました。気づけば、整体、心理学、薬餌療法、薬膳療法、オステオパシー、内臓オステオパシー、エルダリーケア、気功、レイキを修了。さらに興味はつきることなく、学内外にて、筋膜療法、頭蓋仙骨療法、キネシオロジー、アプライドフィジオロジー、PNF整体などのセミナーを受講し、現在に至ります。bar_3

gakko_ka_ra

学校に通いながら、アロマサロンや整体サロンにて、リラクゼーション整体、骨盤矯正、小顔矯正、ヘッドスパ、アロマトリートメント、足裏整体を実際に担当する機会を得ました。初めてお客様に接した時の高揚感は今でも覚えていますが、とても心地よく清々しいものでした。あのときのお客様の笑顔は一生忘れることはないでしょう。

お客様からの言葉で多かったのは、「家でどんなことをすればいいですか」「普段、どんなことに気をつければいいですか」というように、自らでケアしたいと望まれる声です。多くの方は、少しでもカラダの負担を減らそうと、努力しようとしているんだと気づいたときに、私は「自立を助けるセラピストになりたい」と思いました。一生、誰かにほぐしてもらうことなく過ごせるならそれが一番かもしれませんが、でも、誰かの手にふれてもらうことの心地よさも知っています。だから、マッサージなどに通われることには大賛成です。

でも、自分で自分のカラダを知って、自らの自然治癒力をのばしたり、自分自身で心地よい状況を作り出してあげることも、自分を愛するために必要な要素だと信じています。

サロン勤務ののち、訪問施術を中心に行っていましたが、現在は、筋膜セラピー『Fa’Nature(ファナチュール)』代表として、女性限定の事前予約制にてプライベートサロンを展開しています。
bar_3

keireki_7

東洋医学でいうところの「病をみずに人をみる」「未病を気遣う」ことを念頭において施術をいたします。これは、〇〇病、〇〇症とひとくくりにせず、患っている一人ひとりの、年齢、体型、生活習慣、性格、体の使い方、住まい、病歴など様々な観点から「人」をみるものです。悩みの状態そのものを見るのではなく、お客様のバックグラウンドにも気を配りながら、全身の循環を整え、誰しもが持つ自然治癒力を最大限引き出せるようお手伝いいたします。

全身をくまなくほぐす整体サロンではありません。あくまでも、ご自身の力で痛みやコリに向き合っていただく場です。とはいえ、まったく手を触れないのかと言ったらそうではありません。ここぞというポイントを探りだし、そのコリや痛みにピンポイントで施術させていただきます。そのうえで、どうすれば自らでほぐせるのか、どうすれば痛くならないのか、どうすればコリに対処できるのかなどを、お一人お一人のおカラダに合わせて一緒に調整していく時間にしたいと思っております。

Fa’Natureでは、カラダを覆っている筋膜を重視した筋膜セラピーを基本にしております。全身を包む筋膜に焦点をあて、そのつながりを皆様にも体感していただきたいと思っています。また、Fa’Natureでは、お客様の緊張感を和らげることも大切にしていますし、心の解放にも力を注いでまいります。
bar_3

kinmalu_serapi_to_wa

肩こり、腰痛、しびれ、関節痛、筋肉痛、頭痛、疲れ、肥満、虚弱、ストレス、イライラ・・・お一人お一人さまざまな悩みをお持ちのことと思います。様々な手技やアプローチ方法がある中で、筋膜の魅力を知り、カラダを覆う『膜』の虜になりました。右足が痛いけれど、その原因は実は左手にあったというケースがありますが、これは膜がカラダ全てを覆い、繋がっているからです。滞りのポイントを『ゆるゆるとかす』イメージで優しく筋膜に働きかけ、弾力を取り戻すよう施術します。また、エネルギーの不足している部位の改善に向けて自然治癒力の活性化を促します。施術について詳しくは⇒『Fa’Nature』についてbar_3

keireki_9

アナウンサーとして、FMラジオ81.3「J-WAVE」でニュースアナウンサー、「チバテレビ」でキャスター、「東京アナウンス学院」で講師ほかリポーター、ナレーション、対談番組、イベントMCなどを担当しています。

セラピストとして、身体の使い方アドバイス、食事療法、体質改善、悩み相談も随時受付中です。各種講演、セミナー、ワークショップ講師なども行っています。猫2匹(チョコ&マロン)との出会いが、意識しなくても筋膜リリースができちゃう『ゆるゆるネコ体操』の考案に結びつき、出版に至りました。ゆるゆるネコ体操の活動について、詳しくは⇒『ゆるゆるネコ体操』の空間


image

お求めは⇒『ゆるゆるネコ体操(求龍堂)』

bar_3

masuru

声を出して情報を人に伝えるアナウンスの仕事は、かなりの体力勝負です。声をだすための筋肉が整っていなければ、すぐに喉を痛めてしまいます。体の不調は心の不調をも生んでしまいます。その反対もしかり。そこで、心や体の変化による発声の違いを体感し、より優しく楽な発声に導くボイストレーニングも行っています。声が小さい、かすれる、どもる、緊張する、噛む、滑舌がよくないなど、人前で話す時の悩みを一緒に解決しましょう。ご要望の方は、ご相談ください。
bar_3

keireki_11

楽しいことを楽しいと思えるためには、健全な肉体と健全な精神が必要です。そして、常にフラットな状態を保てることが大切です。喜びすぎたり悲しみすぎたりせず、疲れすぎることもなく、ぼちぼちな状態が理想です。日々のアレコレから解放され、ゆるゆるとした心身を取り戻すために、Fa’Nature(ファナチュール)をご利用ください。ホッとできる空間を貴女のためにお作りします。
bar_3

 

PAGETOP