こんばんは。筋膜セラピーサロン『Fa’Nature(ファナチュール)』の代表セラピスト&フリーアナウンサーの木次真紀です。

本日のマッスルボイストレーニングにご参加くださった皆様、お疲れ様でございました。「筋肉に働きかけて明るい声を出しやすくするボイストレーニング」@ラジオNIKKEIはいかがでしたか?

明日あたり筋肉痛になられる方もいらっしゃるかもしれませんね。ぬるめのお風呂に入って、お腹や喉の周り、お顔の筋肉も緩めていたわってあげてくださいね。

私は喉をしっかり使ったときは、自家製の生姜はちみつを舐めたり、ハーブティーに入れたりして飲んでいます。湿布は貼りませんが、冷やさないようスカーフを巻いたり、マスクをして加湿したり、とにかく黙りこくったりして喉を休めます。寝るのが一番喉の安静のためにもいいですね。

水分をこまめに、少量を喉の奥に含ませるようにじわ〜っと飲む方法も私には合っています。

喉の調子がよい時とそうでない時にはお酒の種類や割り方も変えています(笑)調子のいいときはウイスキーなどのロックやストレートをちびりといきますし、ビールもゴクゴク飲みますが、そうでない時はお湯で割ったりハチミツ加えたり、マッコリや梅酒にして、なんとなく喉の通りが優しそうなものを選びます〜。お医者さんからすれば、お酒はお酒なんだから控えなさいとか、どの飲み方でもアルコールであることに変わりはないと叱られそうですが…。

毎日ノドを酷使なさっている方は、今より喉の負担を増やさないように、まろやかな声を出すトレーニングをゆるゆると続けてみてください。ゆるやかな努力は、あなた自身を信じる糧になり、自信となってより寄ってくれますから。

たくさんの笑顔をありがとうございました。またハツラツとお会いできることを楽しみにしています。