こんにちは。筋膜セラピーサロン「Fa’Nature(ファナチュール)」の木次真紀です。

「もう風邪は治ったのに、咳がなかなかおさまらない」と嘆いている方を多く見かけます。去年は私もそうでした。おかしな別の病気にかかっているのではないか、もう一生治らないんじゃないかと不安にかられていました。

咳をするには体力もいるし、ノドに負担もかかるし、あばら骨のあたりやおなかの筋肉が痛くなったりもすることがありました。

今シーズンは、風邪をひかずにもちこたえていますが、「潤い」を守ることは、おさまらない咳にも共通して良いことのように思います。以前、お医者さんに「首周りをあたためて」「水分を取って」と言われたことを思い出しました。

「60%前後の加湿」「生姜ハチミツ湯を飲む」「のどや気管支を冷やさない」「水分を適度にとる」「マスクをして潤いキープ」など、できることをやってみましょう。少しでも早く、心地よく生活することができるように。あと、夜、寝ているときの状態をチェックしてみるのもいいかもしれません。口呼吸していないかなど(^^)