» 2015 » 5月のブログ記事

喉のケアに大切なことを3つ挙げています。
1.加湿
2.補気
3.発声法

今日は、2つ目の補気についてお話しますね。

これは、気を補うという意味で「ほき」と読みます。「気」というのは、目に見えるものではありません。でも、気力、気合い、元気、勇気、気遣い、気にする、気になる・・・など、私たちは日常でこんな言葉を使っていますよね。目に見えないもののはずなのに使っている「気」という言葉・・・面白いですよね。

ただ、私たちの体の中も外も、まだ解明されていないことは無数にあります。塵や埃や細菌のように、普通では見えないけれど存在しているものもたくさんあります。「気」というものも、いつの日にか目に見えるものとして我々の前に姿を現すかもしれませんね。

さて、東洋医学では、健康でいるためには気血水のバランスが大切だと言われます。気はエネルギー、血は血液、水は水分と置き換えるともっと分かりやすくなるかしら。このうち、喉がれの場合、気(エネルギー)の消耗が原因というケースもあります。体が疲れて声を出す気(エネルギー)すらなくなっているのに、出さなきゃいけなくて無理に絞り出す・・・しまいには炎症が起きてしまうこともあるかもしれません。仕事で神経をすり減らし・・・つまり、文字通り、気を遣いすぎて「気」が足りなくなっていることもあるでしょう。疲れて何にもする気が起きない・・・声を出す気力がない・・・。そんな風につぶやいたことはありませんか? 

補気に良いとされる食べ物は、ホクホクしたもの、黄色いもの、甘いものです。なんとなく、納得しませんか? 疲れると甘いものが食べたくなってくる感覚・・・ありません? なかでも、お芋、かぼちゃ、豆、ゆで卵など、消化も良くすぐにエネルギーになってくれそうなものを選んで日ごろからきちんと食べましょう。それにしても、いきなり食べ物ですか? と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、元々、「気」という漢字の「メ」の部分は、「米」と書いていたんですよ。米を食べて気を補う。まさに、食べ物は補気にとって重要です。

ちなみに、漢方薬では、甘草湯(かんぞうとう)が補気の薬と言われています。処方欄を見ると、喉の痛みやしわがれ声に・・・と記述がありますね。甘みがあって飲みやすいのですが、あくまでも薬ですので、服用の際は専門家に相談したり、留意点などをきちんとお読みくださいね。

image

「声がかすれるんです! どんなケアをしたらいいですか?」という質問がありました。その方は、お坊さんです。独特の発声でお経を唱えたり、法話をなさったりします。普段のおしゃべりの声は低いけれど、高い声で唱えなければならないことがあり、高音がかすれるとのことです。

3つ、お伝えしました。

1.加湿
2.補気
3.発声法

では、今回は、1の加湿について。これはもう、そのものズバリですが。すでにかすれているということは、声帯に負担がかかっている証拠です。やさしく喉を潤すケアをすることが大切です。吸入器でも加湿器でも構いません。喉が潤っているなぁと感じられる状態をつくってあげましょう。

吸入器には、耳鼻咽喉科で処方してもらった薬を使うもよし、精製水を使うもよし、喉の状態に合わせましょう。普段のケアなら、精製水でOKですよ。とくに仕事の前後は念入りにしましょう。

加湿器を使うときは、その場の湿度が何%なのか分かる状態にしておきましょう。加湿しすぎてカビなどの原因になっては元も子もありませんからね。最適だと思える湿度は、気温によって異なりますので、とりあえずは50%を目安に調整してみてください。

加湿器もなく、乾燥した場所にいなければならないこともあるでしょう。飲み物を飲めるならば、一口分を口に含んだら、しばしそのまま口の中にためておくのはいかがでしょうか。口の中が潤うと、気持ちもゆったりしてきますよ。そして、緩やかに喉を通すように少しずつ飲み込んでみてください。潤っている感じを存分に味わいましょう。

image

今日は全国的に気温があがり、東京都心では今年初めて30度を超えて、真夏日となりました。こう暑くなってくると、帰りが遅くなった日はお風呂にゆっくりつかろうという気持ちが少々萎えまして、シャワーでいいかなぁと思ってしまいます。すると、メイク落としの時間も短くなってしまうのですが、皆様はいかがでしょうか? 丁寧にゆっくり肌に負担をかけずに洗っていますか?

そんなこんなで、先日大切だとお伝えした「丁寧な洗顔」の1週間に2回の継続は、とん挫しそうになっていますが、私と同じような状態の皆様、ここが踏ん張りどころです! なぜなら、そろそろ日焼け止めを新調し、顔にもしっかり塗りたくる頃。最近の日焼け止めは油分が少ないなど肌への負担が少ないそうですが、それでも落とすものは落としたほうがいいですよ。

と、自分へも言い聞かせながら、若々しく健やかに心地よく過ごすためにも、目元ケアを続けることをここに誓いますっ!(笑)一緒に続けていきましょうね。

image

目のクマが気になって落ち込んでいましたが、ここはやっぱりセルフケアで乗り切ろうと奮起している最中です。これはおすすめだと思ったケアを皆様にお伝えしますね。

目元ケア①で、顔の表面の汚れをしっかり落とし、たっぷり保湿をした後は、内側の老廃物を流しましょう! 湯ざめしないように、髪を乾かしてからで大丈夫ですよ。ゆったり腰掛けて行うとリラックス度が増すと思います。鏡があると変化が見えてべストではありますが、まぁ、なくても雰囲気でOK。決して一生懸命やらないように! あくまでも『ゆるゆる』と!

~リンパ流し~

1.両手で頬骨を横から3~5秒押さえます。ジワ~ッと押さえると骨が動くような感じがします。口は軽く開けてリラックス。

image

2.すこ~し力を抜いて、頬骨のあたりの皮膚をクルクル回しましょう。

image

3.ほっぺたに指または手を置いてクルクルクル・・・。
4.鼻の横から頬骨あたりをクルクルクル。
5.目頭のあたりをクルクルクル。
6.まゆ毛の上をクルクルクル。
7.こめかみをクルクルクル。
8.おでこをクルクルクル。
9.今度は、頭皮です。指先を使って、前髪をかきあげるように、おでこ→頭頂→後頭部→首に向かってキュ~ッと撫でます。
10.頭の横を、もみあげから頭頂に向かってキュ~ッと撫でます。

image

11.もみあげから頭の横を通って後頭部に向かってキュ~ッと撫でます。
12.最後は、首の横を上から下へ「グルーミング」です。
13.ついでに、鎖骨あたりに手のひらをベタッとつけて、クルクルクル。
14.おまけに、脇を手のひらでクルクルクル。

終了~~~っ!

ゆるゆると、好きなだけ、頑張りすぎない程度にやってみましょう。保湿たっぷりだから皮膚を傷めることなく、お顔や頭がポカポカしてきたらイイ感じっ。気持ちよくなれることが大事ですからね。続けてみましょうっ!!!

『本日の結論:血行をよくすることが大切』

目元ケアの1番目が「目元を丁寧に洗う」なんて、当たり前のことですよねぇ。でも、つけまつげをしてたり、ウォータープルーフのマスカラやアイラインを毎日毎日丁寧に落とすのは、本当に大変です。シュッとスルッとは落ちないもの~~~(あくまでも個人の感想です・笑)疲れて帰ってきて、ゆっくりお風呂タイムを過ごせるときはまだしも・・・。だいたい、チャチャチャッと洗ってサッと出ちゃうものですから、なんだか微妙に目の周りが黒かったり。「翌朝また顔洗うんだし、まいっか~」なんて考えたりして。

この汚れの積み重ねがイカンのですよ。分かっているんですよ。でも、、、ということで、まぁ、1週間に2回くらいはちゃんとケアしましょ~ね(笑)

ケア日の私。
お風呂場にて。

~洗顔編~
1.メイク落とし(こすりすぎない、完璧に落とそうとしない)
2.髪を洗う、体を洗う
3.軽く湯船につかる
4.メイク落とし2回目(こすらず、しっかり落とす)
5.洗顔(黒ずみ、角質に良さそうなパウダーをしっかり泡立てて使用)
  メイク残しやシミの気になるところにつけて、しばらく置く。
  泡立ての仕方で汚れの落ち方が変わりますから、もったりと!
  目の下ギリギリ、小鼻、アゴ、こめかみの下あたりなど。 
6.しっかり湯船につかる
7.あがる、体を拭く
8.化粧水をつける
9.パックする
以上

きれいに洗うと、目の下にも白い肌がでてくるんですねぇ・・・(笑) これだけで、クマも薄らいだ気持ちになってしまいます。メイクは1回で落とそうとせず、湯船につかって蒸気や汗で浮かせたあとで、肌に優しく洗顔を繰り返しました。鏡をチェックしながら、メイク残しを撃退します。こういう日はいつもより長くつかりたいので、週刊誌などを持ち込んで読破です。

『本日の結論:洗顔と保湿は基本!!!』

image

次回は、リンパ流し編です。

体操のコンセプトをより分かりやすくお伝えするために、デザインを変更しました!!
newcover1

ピンクのカバーの下には、どど~んと猫女が健在ですよ。

⇒ご購入はこちら

 

ゆるゆるネコ体操の考案中にラフ絵で登場したマメ女(じょ)です。「マメに生き過ぎるとこうなるぞ」という・・・教訓!?

 

チョコ&マロン


我が家の愛すべきネコ

image image image



隠れグッズ

ハワイアンジュエリーLINOインストラクターKAORUさんの手によって、猫師匠と猫女がさらにイキイキと活躍中。
イラストレーターの浅生ハルミンさんも「可愛い~っ」と大絶賛!

猫師匠ブローチ image 猫師匠アクセサリー image 猫女アクセサリー image
 

ゆるゆるネコ体操の著者・木次真紀がお届けする女性限定のプライベート整体サロン。

fanature

あなたを守っている筋膜を自然な状態に導き、心とカラダの声に寄り添ってオーダーメイドの施術をお届けします。

 

エクササイズ編

new017_09
最新!ダンスバージョン。歌詞付き。しっかり汗を流しましょう!

プロモーション編

new017_09
最新!ダンスバージョン。芸人エディーさん
パントマイムも必見。

ゆるネコ本が浮いちゃった!?

パントマイムが凄すぎるエディーさんとの
勝手にコラボCM


みんなで体操編

ゆるネコ隊みんなで体操しました。
みんなも一緒に歌って寝転んで体操しましょう!



ゆるネコあれこれ

★公式Facebookページはこちら!


猫師匠がナビゲート!


★チョコっと本の裏側!!

♪ネコちゃん帽子は・・・
「本日のスープ」「本日のくろ子」でお馴染みの 大久保ゆう子さんの手編みです。ラムの毛とカシミヤが使われているんですよ、ゴージャスッ。被れば被るほど馴染みます!

♪イラストは・・・
「私は猫ストーカー」「パラパラブック」などで大人気の 浅生ハルミンさんの描き下ろし。ハルミンさんもゆるゆると体操をしながら、愛すべき猫師匠と愛くるしい猫女を生み出してくださいました!

 

♪ゆるネコ体操の歌は・・・
歌&作詞:木次真紀
作曲:中村誠一
編曲&オケ制作:MASAX

ジャズクラブやコンサートに多数出演し、洗足学園音楽大学ジャズ科教授として後進の指導にあたるジャズ・テナーサックス奏者の中村誠一さんがレゲエ風に作曲。貴重なデモの歌声は人々の心を癒しまくりです!…掟破りの強引なブログへのUPをお許し下さり有難うございます(^^)


【ゆるネコ歌詞入り
      (1番と2番)】

♪編曲&オケ制作は・・・
アーティストのサポートやレコーディング、TVでの演奏をはじめ、個人レッスンのサックス教室「トライトーン・ミュージック・ラボ」を運営するMASAXさんにお願いしました。『ゆるゆる!サックスレッスン』は、おすすめですよぉ。

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031