» 2015 » 2月のブログ記事

「足を組んでしまうんですよぉ」と、猫背になって悲痛な表情を浮かべて、そうおっしゃるクライアントさんがいます。「足を組むのは骨盤が歪んでいるからだって聞きました!」とのこと・・・。いやいやいや、そんな、そんな。「一概には言えないと思いますよぉ~」と返答いたしました。

もちろん、骨盤に歪みが生じていたら、足を組まないとバランスが悪い感じがするので、どうしても組んでしまいがちです。でも、がっちりと靭帯などで固定されている骨盤がしょっちゅう歪んでいたら、それはそれで大変です。骨模型を使ったり、資料をお見せしながら、骨盤周囲の説明をさせていただいています。では、なぜ足を組みたくなるのか・・・。

そもそも、人間はジ~~~ッと同じ姿勢でいることは難しいのです。関節や筋肉を動かしてリンパなどの流れを促さなければ老廃物が溜まりたい放題になってしまいます。もぞもぞ動いて姿勢を変えることで血液の流れも活性化します。

さてと、それではまずは・・・、「組んでもいいよって、思ってみてください!」 そして、「上手に美しく組んでみましょうか!」(^^)

 

そんなに深刻にならず、試しに1週間、こんな風に発想の転換をしてみてください。あなたの身体・・・、何か変化が出て・・・くるかしら?

 

 
image

久々に会った仲間に「足が痛いのですか?」と尋ねると、「えっ、そんな風に見えるの?」と驚かれました。足を引きずっているように見えたのです。でも、そのときは痛みはなかったらしく、本人はまっすぐに歩いていると思っていたそうです。最近、坐骨神経らしき痛みに悩まされているそうで、どうやら身体をかばうような歩き方がいつの間にかクセになっていたようです。

以前、ぎっくり腰を2度ほどしたらしく、その部分やお尻などが、寒い日は疼くそうです。当時の治療法やその後の生活、姿勢などをうかがうと、どうやら『筋力の低下』が関係しているようです。老廃物やリンパを流すのに筋肉は重要な役割を果たします。適度に筋肉を使わないと、身体に良くないものがどんどん滞ってしまいます。

滞りが生じるということは、血流を阻害し、栄養などが行き渡りにくくなります。栄養失調状態の神経は、ピリピリと過敏になったり弱ったりして、ズキッズキッと悪さをするかもしれません…。

痛みやコワさをかばうように過ごすので、じわりと身体は歪みを生じてしまいます。

こんな時におすすめなのが、ゆるゆるネコ体操の【寝返りポーズ】です。ちょっと大胆に寝返りをして、体幹に意識を向けてみましょう。広めのリビングやお部屋で好きなだけゴロゴロ回ってください。全身運動ですからね! なるべく平行に転がってくださいね、これがポイントです。

image

2月22日ですから、ニャンニャンニャンの日で・・・まぁ、いいでしょ(笑)

「読売新聞に載ってたよ~!」と、教えてくださった方がいます。あら、嬉しや!

うちの猫たちにはいつも通り接してしまったけれど、もっと感謝を述べたほうがよかったかしらと、夜中に思うのでした。ネコに学ぶ体操ですからねぇ。ネコ様様なわけですよ。

ネコの動きが、人間のための体操をしているようにしか見えない今日この頃・・・。メモを取り続ける日が続きます。さぁ、引き続き、健康に柔軟に過ごしましょう!

 

image

これわわ読めば、ゆるゆるネコ体操が丸わかり!というくらい、丁寧に優しく記事を書いてくださいました。

サンケイリビング くらしナビ

なるほど、そういうことだったのかぁ~と、私自身も大納得しちゃいました(笑) 担当してくださった堀木三紀さんは、ご自身で実際に体操をなさりながら、ここはどうしたらいいの?ここに響く感じがしますが、これであってますか?というように、まさに体当たりの取材をなさる方です。

だからこそ、実感のこもった、人に優しい文章につながっていくのですね。勉強になりましたし…、何よりも、とってもとっても幸せな気持ちになりました。

プレゼント応募コーナーもありますので、ぜひ覗いてくださいね。

image

マラソンの極意を伝授していただきました。とはいえ、私は、まだまだ走ろうと決めているわけではありませんし、一生やらないことのひとつのような気もしておりますが、まぁ、未来のことは分かりません(笑)

教えてくださった方は10年以上マラソンを続けているのに、「故障という故障をしたことがない」と仰るのです。これって、凄いことですよ。膝や腰や足首など、どこかしらを痛めている方が身の回りには多いのに。なんと心身に優しい走り方をしているのでしょう! 準備運動や整理運動をしっかりしているのか、元々、走るのに適した身体の持ち主なのか・・・!

4つのことを学びましたよ。

『無理をして一生懸命走らないこと』
大会当日は、なにかしら緊張感があり、日常とは違う興奮をするらしいのです。だからこそ、楽しむことを忘れて、必死になりすぎて、いつの間にか無理をしてしまう人がいるようです。楽しく走って好タイムに繋がればラッキー!くらいがいいようです。

『全身を使うこと』
翌日に足だけが痛くなる方がいるそうですが、それではダメなのだそうです。負担が一箇所に集中している証拠。腕も背中もお腹も首も・・・ありとあらゆるところを全て使って、全身で走ることがバランスよく筋肉を使うコツのようです。

『腹式呼吸をすること』
お腹で息をすると、自然に背筋がまっすぐになり、フォームが美しくなるそうです。すると、先ほどの『全身を使うこと』が簡単にできるんです。疲れてくると肩でハァハァと呼吸をしがちですが、そんなときこそ、お腹で踏ん張ってみましょう。

『鼻で吸って口で吐くこと』
口で呼吸をすると、雑菌などを吸い込んでしまうし、乾燥しやすくなります。走っている途中で鼻が詰まってくる人もいるそうですが、これも練習でしょうか。

マラソンをするのも、やはり姿勢と呼吸が重要なのですね。この方は、普段の佇まいもとても美しいのです。

最後に、初めてマラソンに挑戦する人へ、練習の仕方としては、
『100m走って、100m歩いて、また100m走って、100m歩く・・・』
ゆったりペースで、走ることを楽しんで欲しいそうです。参考になさってくださいっ(^^)

image

体操のコンセプトをより分かりやすくお伝えするために、デザインを変更しました!!
newcover1

ピンクのカバーの下には、どど~んと猫女が健在ですよ。

⇒ご購入はこちら

 

ゆるゆるネコ体操の考案中にラフ絵で登場したマメ女(じょ)です。「マメに生き過ぎるとこうなるぞ」という・・・教訓!?

 

チョコ&マロン


我が家の愛すべきネコ

image image image



隠れグッズ

ハワイアンジュエリーLINOインストラクターKAORUさんの手によって、猫師匠と猫女がさらにイキイキと活躍中。
イラストレーターの浅生ハルミンさんも「可愛い~っ」と大絶賛!

猫師匠ブローチ image 猫師匠アクセサリー image 猫女アクセサリー image
 
new017_09

筋膜セラピー『Fa'Nature(ファナチュール)』
ゆるゆるネコ体操の生みの親、木次真紀プロデュース女性限定プライベート整体サロン

f

あなたを守っている筋膜を自然な状態へと導き、心とカラダの声に寄り添ってオーダーメイドの施術をお届けします。

⇒近況ブログも こちらから!

 

エクササイズ編

new017_09
最新!ダンスバージョン。歌詞付き。しっかり汗を流しましょう!

プロモーション編

new017_09
最新!ダンスバージョン。芸人エディーさん
パントマイムも必見。

ゆるネコ本が浮いちゃった!?

パントマイムが凄すぎるエディーさんとの
勝手にコラボCM


みんなで体操編

ゆるネコ隊みんなで体操しました。
みんなも一緒に歌って寝転んで体操しましょう!



ゆるネコあれこれ

★公式Facebookページはこちら!


猫師匠がナビゲート!


★チョコっと本の裏側!!

♪ネコちゃん帽子は・・・
「本日のスープ」「本日のくろ子」でお馴染みの 大久保ゆう子さんの手編みです。ラムの毛とカシミヤが使われているんですよ、ゴージャスッ。被れば被るほど馴染みます!

♪イラストは・・・
「私は猫ストーカー」「パラパラブック」などで大人気の 浅生ハルミンさんの描き下ろし。ハルミンさんもゆるゆると体操をしながら、愛すべき猫師匠と愛くるしい猫女を生み出してくださいました!

 

♪ゆるネコ体操の歌は・・・
歌&作詞:木次真紀
作曲:中村誠一
編曲&オケ制作:MASAX

ジャズクラブやコンサートに多数出演し、洗足学園音楽大学ジャズ科教授として後進の指導にあたるジャズ・テナーサックス奏者の中村誠一さんがレゲエ風に作曲。貴重なデモの歌声は人々の心を癒しまくりです!…掟破りの強引なブログへのUPをお許し下さり有難うございます(^^)


【ゆるネコ歌詞入り
      (1番と2番)】

♪編曲&オケ制作は・・・
アーティストのサポートやレコーディング、TVでの演奏をはじめ、個人レッスンのサックス教室「トライトーン・ミュージック・ラボ」を運営するMASAXさんにお願いしました。『ゆるゆる!サックスレッスン』は、おすすめですよぉ。

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728