» 施術中の口ぐせのブログ記事

「楽しい時って、どんな時ですか?」「最近、何が楽しかったですか?」そんなことを聞くことがよくあります。

施術中にクライアントさんの悩みを伺ったり、イヤ〜なことや怒ってることなども吐き出していただくのですが、その後には必ず、笑顔になれる話をしていただいています。

それはなぜか。もちろん、気分良く施術を受けていただきたいのはもちろんですが、実は、身体にも変化が出るんですよ。

怒ったり、悲しんだり、イライラしたままだと、身体が防御反応を示して、かた〜くなってしまうのです。その反対に、楽しい時ことを想像していただくだけで、なんと、ふんわりと身体が柔らかくなるから不思議です。いろいろと検査しても一目瞭然。心と身体は密接に関わっている…というより、心は身体の一部ですからねぇ。

「楽しい時間をほどよく重ねましょうね!」

image

「肩こりです。腰も痛いです」と仰るクライアントさんには、施術前に、鏡の前で姿勢をチェックすることがあります。「右のほうが、肩があがってますねぇ」とお伝えすると、「あ、必ず右肩でカバン持つんですけど、関係ありますか?」とおっしゃる方がいます。素晴らしいですね! まず、自分がどんな風に普段、生活しているのか、どんなクセがあるのかに気づくことはとっても大切です。

たしかに、右肩にバッグをかけたまま落ちないように保とうとすると、自然と右肩はあがります。加えて、肩が前方に張り出してきます。日々その姿勢を繰り返していると、肩をあげたり前に出したりする筋肉がつねに働かされ、その姿勢が定着してしまうのです。それはもう賢い筋肉たちですから、「おや、この姿勢が楽なのかしら?」と覚えこんじゃうのかもしれません。そしてありがたいことに、右肩をあげた状態でもまっすぐ歩けるように、背骨や骨盤、足など全身でなんとかバランスを取ろうとします。身体のどこかしらに負荷がかかっていますよね。

「まずは、そんな状態に気づくことが大切なんですよ。」

クセを減らして身体のバランスを調整するためには、いろんなことに気づいていくことがとっても重要です。

image

「インナーマッスルを鍛えてみましょうか」と、ストレッチの最中に軽く筋トレを加えることがあります。たとえば、腹筋。

「いつもやってますよぉ」
―どんな風になさってますか?
「こんな感じですっ。(ガッシ、ガッシ!!!)」
―あぁぁぁぁ、わかりました。もう大丈夫ですよ(^^;)
「けっこう筋肉ある方だと思うんですよねぇ」
―あ~~~、えっとぉ~、このあたりの筋肉はイイ感じですね! では、このポーズできますかぁ?
と、インナーマッスルを使っていただくようなポーズをお願いすると・・・

「あれ? キツイです。これ、できませんっ」と、お嘆きになります。

ガッシガッシと鍛えるのは、アウターマッスルですね。インナーにじわりじわりと負荷をかけて、柔軟な筋肉に育って頂きたいのです。

『クルミを2個、手の中でコリコリと回すのをみたことないですか? このくらいのことでインナーマッスルに働きかけられるんですよ!』

たとえば、腕の手術をしたあと筋力を戻すために、手の中でのクルミ回しのような抵抗の低い運動をすることがあります。負荷がかかっていないように見えても、筋肉にはしっかりと働きかけることができているのです。

まぁ、クルミ回しのたとえが通じるのは、同じ世代以降ですけどねぇ(笑)

「寝相が悪いんです」という方もいれば、「私、寝返り打たなくて、寝相がいいんです」という方もいらっしゃいます。寝相が良ければお布団を蹴飛ばしたりしないから、ヌクヌクと朝までぐっすり。それはとっても良いことです。けれど、少々の寝返りや寝相のワルさはとっても大切な行動なのかもしれませんよ!

夜の睡眠時は、一日の疲れを修復するホルモンが働くのと同時に、筋肉のバランスを整える時間でもあるのです。ギューッと凝り固まった筋肉をある程度ほぐそうと、身体は自然に動き、心地良い体勢を探そうとします。

そんな記憶はありませんか? 脚を高くして寝たくなったり、横をグ~ッと伸ばしたくなったり、曲げてみたくなったり、枕の位置がいつもと違うと感じたり。それは、身体や心が要求していることなんですよ。寝ている間に、自由に身体を動かしていいんだよってことを、脳に教えてあげて下さいね。あまりにも目が覚めるようなら、それはほかに原因がありそうですが・・・(;–)

『「寝相が悪い」と悩まずに、「それはとっても良いことなんだ」と自分を褒めましょう』

頑張ることはいいことです! せっせと頑張ってください!(笑)

ただし! です…。

―普段、運動してますか?
「全然やりません」
―筋力テストしますね。
「あれ、全然…ちからが…入ら…ない(苦笑)」

筋力の低下にもさまざまな理由がありますが、このクライアントさんの場合は、少々身体を動かして、筋肉に働きを思い出してもらうことが必要でした。

―では、おうちでできる軽い筋トレを練習してみましょう
「わぁ、簡単! 毎日できそうです」

はい、ここで要注意なのが、やりすぎちゃうことです。普段、運動に見向きもしなかった方が、簡単なやり方を覚えてしまうと、初めのうちだけ一生懸命頑張ってしまいます。すると、人間って不思議なもので、さっさと疲れちゃっていやになっちゃうんですよね(笑) そんな経験ありませんか。そんなときの一言がこれです。

「頑張りすぎちゃ、ダメですよぉ。ほんの少しでいいので、継続させましょう」

(^^)/

体操のコンセプトをより分かりやすくお伝えするために、デザインを変更しました!!
newcover1

ピンクのカバーの下には、どど~んと猫女が健在ですよ。

⇒ご購入はこちら

 

ゆるゆるネコ体操の考案中にラフ絵で登場したマメ女(じょ)です。「マメに生き過ぎるとこうなるぞ」という・・・教訓!?

 

チョコ&マロン


我が家の愛すべきネコ

image image image



隠れグッズ

ハワイアンジュエリーLINOインストラクターKAORUさんの手によって、猫師匠と猫女がさらにイキイキと活躍中。
イラストレーターの浅生ハルミンさんも「可愛い~っ」と大絶賛!

猫師匠ブローチ image 猫師匠アクセサリー image 猫女アクセサリー image
 
new017_09

筋膜セラピー『Fa'Nature(ファナチュール)』
ゆるゆるネコ体操の生みの親、木次真紀プロデュース女性限定プライベート整体サロン

f

あなたを守っている筋膜を自然な状態へと導き、心とカラダの声に寄り添ってオーダーメイドの施術をお届けします。

⇒近況ブログも こちらから!

 

エクササイズ編

new017_09
最新!ダンスバージョン。歌詞付き。しっかり汗を流しましょう!

プロモーション編

new017_09
最新!ダンスバージョン。芸人エディーさん
パントマイムも必見。

ゆるネコ本が浮いちゃった!?

パントマイムが凄すぎるエディーさんとの
勝手にコラボCM


みんなで体操編

ゆるネコ隊みんなで体操しました。
みんなも一緒に歌って寝転んで体操しましょう!



ゆるネコあれこれ

★公式Facebookページはこちら!


猫師匠がナビゲート!


★チョコっと本の裏側!!

♪ネコちゃん帽子は・・・
「本日のスープ」「本日のくろ子」でお馴染みの 大久保ゆう子さんの手編みです。ラムの毛とカシミヤが使われているんですよ、ゴージャスッ。被れば被るほど馴染みます!

♪イラストは・・・
「私は猫ストーカー」「パラパラブック」などで大人気の 浅生ハルミンさんの描き下ろし。ハルミンさんもゆるゆると体操をしながら、愛すべき猫師匠と愛くるしい猫女を生み出してくださいました!

 

♪ゆるネコ体操の歌は・・・
歌&作詞:木次真紀
作曲:中村誠一
編曲&オケ制作:MASAX

ジャズクラブやコンサートに多数出演し、洗足学園音楽大学ジャズ科教授として後進の指導にあたるジャズ・テナーサックス奏者の中村誠一さんがレゲエ風に作曲。貴重なデモの歌声は人々の心を癒しまくりです!…掟破りの強引なブログへのUPをお許し下さり有難うございます(^^)


【ゆるネコ歌詞入り
      (1番と2番)】

♪編曲&オケ制作は・・・
アーティストのサポートやレコーディング、TVでの演奏をはじめ、個人レッスンのサックス教室「トライトーン・ミュージック・ラボ」を運営するMASAXさんにお願いしました。『ゆるゆる!サックスレッスン』は、おすすめですよぉ。

カレンダー

2017年4月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930